1. ホーム
  2. 日本栄養療法協議会

規約

オールジャパン体制による日本栄養療法協議会の設立

一般社団法人日本病態栄養学会 理事長
日本栄養療法協議会
会長 清野 裕

設立の背景

 近年、より多くの疾患領域において栄養療法の重要性が広く認知されるようになってまいりましたが、その実施においては今なお十分な検証がなされないままに手探りで、それぞれの施設や診療科独自の経験や習慣に基づく栄養療法が漫然と繰り返されている場面が少なくございません。一日も早い各疾患領域における効果的な栄養療法の確立と標準化が望まれております。

 このような環境下のなか、日本病態栄養学会が中心となり、関連する学会に働きかけを行った結果、栄養療法に関連する当初12の構成団体が、栄養療法の標準化を目指す「日本栄養療法協議会」を設立いたしました。

目標

 各疾患領域における効果的な栄養療法と標準化を確立し、すべての臨床現場において効果的な栄養管理を通じて、医療の質の向上を目指す。

構成団体 (12団体)

日本肝臓学会
日本小児科学会
日本腎臓学会
日本心不全学会
日本糖尿病学会
日本動脈硬化学会
日本肥満学会
日本臨床腫瘍学会
日本栄養士会
日本病態栄養学会
日本癌治療学会
日本老年医学会

日本リハビリテーション医学会(平成28年1月29日加盟)
日本摂食嚥下リハビリテーション学会(平成28年3月7日加盟)
日本褥瘡学会(平成28年3月9日加盟)

後援

日本医学会

規約

規約はこちら